人気ブログランキング |

3台のMライカと雑感

c0327459_18262791.jpg
昨日久しぶりにガッツリ写真を撮りに行きました。

86歳現役鍛冶職人が、富山県の朝日町という町にいらっしゃって彼の作業場とポートレートです。

3台のMライカを持って行きましたが、結局一番多く使用したのがM4+35mmズミルックス。
次がMP+沈胴ズミクロン50mm。
M3の出番は一度も有りませんでした。

撮影がノッてくるとフィルム交換の時間がもどかしくなるものですが、やはりM3のフィルム装填の手間を考えてしまうとどうしても手が伸びません。
かと言ってMPがどうかと言われれば、何となく大きく感じられて、角張って手に馴染まないボディ、フィルム巻き戻しが面倒くさいクランク(同じやり方のM3よりも重たくて固い)、ボディの内部で共鳴しているのか、うるさく感じられるシャッター音、等々不満も多いカメラです。
ではなぜMPを持つのか?と言われれば、僕の場合75mmのファインダーフレームを内蔵しているから、という理由しかありません。

M4+35mmズミルックスの組み合わせは不動になってきました。M4は本当に良いカメラと思います。

一番好きな画角の50mm。手持ちの中ではCZゾナー、ズミクロン2nd、ノクトン1.1、エルマー3.5、沈ズミと有りますが、今のところ圧倒的に描写が気に入っているのが沈胴ズミクロンです。これはデジカメに付けて撮っている時には思わなかったことです。

しかし未だにズミルックス35mmのように、これだ、と思える50mmが手元に無いような気がしています。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by DP-M | 2017-06-21 18:43 | Leica | Comments(0)